2008年12月10日

神大寺小学校で福祉講座を行いました!!

12月8日(月)に、神大寺小学校において、福祉講座を行いましたぴかぴか(新しい)
今回の講座では、視覚障害のある講師の話を4〜6年生が聞き、その後4年生だけが視覚障害の体験を行うという内容でした。
4〜6年生は約450名いましたが、普段聞くことのできない講師の話に、一生懸命耳を傾けていました。
講師は3名来ており、それぞれの生活や生育歴などを話してくださいました。
体験学習では、目隠しをして誰の筆箱かを当ててみたり、折り紙を折ったりしました。

IMGP3950.JPG IMGP3961.JPG
右斜め上片倉町の駅まで講師をお迎え  右斜め上真剣に話を聞いています

IMGP3976.JPG IMGP4000.JPG
右斜め上代表の人が誘導体験をしました 右斜め上筆箱はどこかなexclamation&question

IMGP4015.JPG IMGP4020.JPG
右斜め上目隠しして折り紙ぴかぴか(新しい)         右斜め上お見送りもしました揺れるハート

講師と生徒が和気あいあいと過ごした1日でしたわーい(嬉しい顔)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 20:23| 日記

白幡こぶしの会の昼食会に行ってきました!

12月9日(火)に白幡こぶしの会の昼食会に参加してきましたぴかぴか(新しい)白幡こぶしの会の昼食会は参加者が多く、白幡南町自治会館と白幡西町自治会館の2会場で同時に行っていました。
参加されている方は、知り合いの方と楽しそうにお話しながらご飯を召し上がっていました。
昼ご飯が終わったら、大正琴の演奏るんるんもありました。
素敵な演奏に合わせて、懐かしい曲を歌い、皆さんとても楽しそうでした。

DSCN0195(zenntai).jpg  DSCN0205(kaityo).JPG
右斜め上参加者でいっぱいでしたぴかぴか(新しい)  右斜め上南町の会長さんが挨拶しました。

DSCN0208(obennto).JPG P1000055(taishogoto1).JPG
右斜め上豚汁が絶品です!!    右斜め上大正琴、素敵な音色でしたるんるん

P1000059(uta).JPG
右斜め上楽しそうに歌っています揺れるハート

帰りには綺麗なお花のお土産もありましたかわいい
和やかで楽しいひとときでした。



posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 14:09| 日記

麦の会クリスマス会に行ってきました!

12月7日(日)に横浜ラポールで行われた麦の会のクリスマス会に行ってきました。
(麦の会は、心身の発達に遅れや障がいを持つ子どもたちの親の会です。HPはこちら!→→
「いっしょにあそぼっ!」に参加してくれているお子さんも参加していました。
大きなクリスマスツリーを舞台に飾り、それぞれの部のお子さんがこの日のために一生懸命練習した出し物を次々と披露してくれました。

PC070578(turi-).JPG
右斜め上大きなツリーでした!


プログラムは↓↓こちらをクリック!!

puroguramu.jpg

前半は、音楽クラブの演奏や保育部の踊り、くれよんのハンドベル、手織りクラブのファッションショーがありました。

PC070585(ongaku).jpg PC070589(tentoumusi).jpg
右斜め上音楽クラブです!!        右斜め上可愛いサンタさんたちですぴかぴか(新しい)

PC070594(jyaguringu).JPG PC070604(kureyon).JPG
右斜め上休み時間を忘れます。       右斜め上元気に体操していまするんるん

PC070608(saori).JPG
右斜め上ホッとして退場しています黒ハート

後半は、体操クラブの“MUGIザイル”、きのこグループの体操、ポップコーンのハンドベル、YYクラブのお母さんによる“まゆげねこ”、メンバーによる“陽は、また昇る”がありました。

PC070620(zairu).jpg PC070631(kinoko).jpg
右斜め上ザイルと言えばコレ!       右斜め上先生と一緒に頑張っていますぴかぴか(新しい)

PC070635(pop).jpg PC070636(yy).jpg
右斜め上綺麗な音色でしたるんるん        右斜め上お母さんたちも頑張っています!!

PC070637(yy2).jpg
右斜め上すごく楽しそうでした!!

出し物は1つ1つに工夫を凝らしてあり、また、参加している人みんなが楽しんでいました。

最後には、全員で舞台にあがり、“まゆげねこ”と“陽は、また昇る”を踊り、クリスマス会は終了しました。

PC070643(minna).jpg
右斜め上みんな、楽しそうですわーい(嬉しい顔)

とても盛り上がり、楽しく、和やかなクリスマス会でした。

来年も是非参加させていただこうと思いますぴかぴか(新しい)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 10:00| 日記

2008年12月08日

子安通三丁目でユニークな防災訓練

12月7日(日)、防災に積極的に取り組んでいる子安通三丁目自治会が面白い訓練に取り組んでいましたのでご紹介します。

今回行われていたのは、「災害時にトイレなどの生活用水を運河から取る」訓練。災害時に一番問題となるトイレを、三丁目を流れる運河から水を取ることで解決しようという試みです。

自治会でポンプを購入し、自治会で組織している「自主防災会」のメンバーが船で運河にポンプを運んで取水、水槽やポリタンクにためました。

1207_1.JPG  1207_2.JPG
右斜め上 天気が良くて良かった!       右斜め上 運河から取って…

1207_3.JPG  1207_4.JPG
右斜め上 水槽へ。意外とキレイですね〜   右斜め上 ポリタンクに移します。

運河の水は思ったよりキレイぴかぴか(新しい)で、『これなら使えるね』『いけるいける!』という感想が出ていました。
ただ、問題は運搬です。ポリタンクも10リットル入るので、重さも10キロ!若者が運んだとしてもとても高層マンションの上まで階段で運ぶなんてことは出来ませんふらふら
これは非常に問題だぞ、ということで、三丁目ではポンプと水槽を複数経由してマンションの上階に運ぶということを考え始めています。
訓練したことではじめて見えてくる問題・課題が出てきますが、すぐに解決策を考えて実行に移せるそのパワーパンチは素晴らしいですねexclamation

取水訓練の他にも、取水した水を使ってのバケツリレーや災害時の人の運搬方法などの訓練もしました。

1207_5.JPG  1207_6.JPG
右斜め上 みんなでバケツリレー        右斜め上 パイプ椅子を使ってこんな運び方も

終わった後には自治会のご配慮ですいとんをいただきました。寒さで冷え切った体を暖めてくれましたわーい(嬉しい顔)
こういう心遣いも嬉しいですね。
今後も頑張れ子安通三丁目exclamation×2

1207_7.JPG  1207_8.JPG
右斜め上 自治会の方がすいとんを!     右斜め上 お〜いし〜い!
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 19:00| 日記

2008年12月05日

浦島小学校で車いすバスケ!

12月の2日と4日、区内にある浦島小学校の5年生・6年生を対象に車いすバスケを行いました。
講師として来てくれたのは浜身連(横浜市身体障害者団体連合会)理事長の平井晃さん
平井さんは自身も車いすユーザーであり、横浜市内に2つしかない車いすバスケチームの1つ、「横浜ドリーマー」の監督でもあります。

urasima1.JPG  urasima2.JPG
右斜め上 体育館は寒いです…       右斜め上 操作方法を聞いています

urasima3.JPG  urasima4.JPG
右斜め上 お願いシャーッス!!       右斜め上 熱い試合がハジマッタ!

平井さんのお話をみんなで聞いたあと、早速5対5で試合開始!
はじめは恐る恐るでしたが、さすがにこども達は慣れるのが早く、すぐに白熱した試合展開にexclamation

urasima5.JPG  urasima6.JPG
右斜め上 操作に慣れると…         右斜め上 シュート!

urasima7.JPG  urasima8.JPG
右斜め上 さらにシュート!          右斜め上 もいっちょシュート!!

シュートは打ちますが、なかなか入りません。距離感がいつもと違いますし、腕の力だけでシュートするのであまりリングに届きません。やっぱり車いすバスケの選手はすごい筋力なんですねexclamationこども達は決まらないながらも1試合に1〜2本はシュートを決めていましたパンチ
1試合5分から7分と短いですが、「腕がいた〜いふらふら」と言っていました。みんなとっても楽しかったわーい(嬉しい顔)ようで、もっとやりたそうにしていました。

車いすバスケ用の車いすは1台50万円くらいするものだそうですが、日常生活用具では無いために行政からの補助は無いそうですもうやだ〜(悲しい顔)。車いすバスケは趣味なのかもしれませんが、大切な自己実現の場です。補助が出るようになるともっと参加できる人も増えるのではないでしょうか。

テレビでは見ても実際にやる機会のほとんどない車いすバスケ、見るよりもやる方がずっと楽しいです。楽しく車いすの事を知る1つの方法として、とても良いものだと思います。
平井さん、ありがとうございましたexclamation×2
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 20:17| 日記

2008年11月29日

神奈川工業の家庭科で車イス体験!

11月から、区内にある神奈川工業高校の家庭科の授業で電気科とデザイン科の生徒さんが高齢者について学んでいます。神奈川区社協も先生から依頼を受け、授業内容などについても一緒に作り上げています。
先日からその授業がはじまっていますので、その様子をご紹介したいと思います。

カメラ ケアマネジャーさんからお話

IMGP3791.JPG  P1010885.JPG

左が電気科、右がデザイン科です。お話してくださったのは、反町地域ケアプラザのケアマネジャーの保田さんです。
高齢者について何時間か学んできた後、この日に保田さんから実際の福祉の仕事(ケアマネジャーの仕事)についてお話していただきました。
保田さんは「ヘルプマン」という漫画本の5・6巻でケアマネジャーが取り上げられているというお話なども含めながら、仕事の内容や意義などについてわかりやすくお話してくださいました。
ただ、1時間目ということもあり、中には寝ている人も…もうやだ〜(悲しい顔)

カメラ 車イス体験

01.JPG  02.JPG
右斜め上 打ち合わせしてます        右斜め上 コースを説明exclamation

03.JPG  04.JPG
右斜め上 5人1組で出発exclamation          右斜め上 横断歩道も渡ります

05.JPG  06.JPG
右斜め上 駅で切符を買ってホームまで   右斜め上 段差も4人で持ち上げます

07.JPG  08.JPG
右斜め上 女の子だって頑張りますexclamation×2    右斜め上 学校の周りは色づいてますね〜アート


車イス体験は、5人1組になって学校〜東白楽駅〜学校周辺〜学校というコースで回りました。
普段は何気なく過ごしている学校や街中ですが、いざ車イスを自分で操作して歩いてみると色んなことが見えてきます。「この道ってこんなに斜めになってる」「歩道の切り下げ部分がこんなに急だったのか」など、目線を変えることで分かってくることがあります。
生徒さんたちも、それぞれ自分なりに気づいて考えていたようでした。

この授業はこれから先まだありますので、後日またご紹介したいと思います手(チョキ)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 10:19| 日記

2008年11月07日

神大フェスタに行ってきました

11/2(日)に神大フェスタに行ってきましたくつ
秋晴れ晴れのとっても良い天気で絶好のまつり日和。地域に開かれている大学祭なので、子どもからお年寄りまでたくさんの方が来ていました。

その中で、以前イベント情報でもお知らせした神大公認ボランティアクラブ「GLOBAL☆YEN☆LEAP」のブースに行ってきました。

グローバルでは展示、体験、こどもの遊び場で1つずつ教室を使っていました。

jin-01.JPG


カメラ 展示ブース

jin-03.JPG jin-02.JPG jin-04.JPG
右斜め上 多くの人が見学中      右斜め上 活動の様子をご紹介    右斜め上 神大バリアフリーマップ 


jin-05.JPG  jin-06.JPG
右斜め上 車イス体験レポート 右斜め上 集まったエコキャップ29,000個


カメラ 体験ブース

jin-07.JPG   jin-08.JPG   jin-09.JPG
右斜め上 体験もいっぱいです      右斜め上 段差乗り越え      右斜め上 自販機に手は届く?


jin-10.JPG jin-11.JPG jin-12.JPG
右斜め上 お水こぼさないように    右斜め上 ミサンガづくり         右斜め上 紙すきもできます


ミサンガづくりや紙すきでこどもを呼んで、その親が車イス体験や高齢者疑似体験をするなど、とても上手に人を集めているなぁと感心しました目
体験コースや内容も昨年よりもより良くなっていましたので、また来年はさらにステップアップしてくれると思います。
また、こども達が自由に遊べる「なんとからんど」も大盛況でした!来年も頑張れ!

jin-13.JPG
右斜め上 なんとからんどはこどもだらけ!
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 15:13| 日記

2008年10月16日

『講談で学ぶ成年後見制度』を開催します!

このイベントは終了しました。どうもありがとうございました。

暮らしに伴う契約や預金の管理など、みなさんの権利を守るために、今後大いに活用が期待される成年後見制度を講談で楽しく、分りやすく学んでみませんか?

演劇 日 時:平成20年11月7日(金)
演劇 会 場:かなっくホール 13:00開場/13:30開演 15:30終了
演劇 参加費:無料
演劇 内 容:講談で学ぶ成年後見制度

    
第一話 認知症の老姉妹を食い物に
  〜悪質リフォームの被害に遭った老姉妹の実話を基にした話〜

第二話 安心して老後を暮らすために
  〜家族による預金や年金の使い込みを防ぐために後見制度を利用するという話〜

第三話 ナオト君だって一人の人間なんだよ
  〜障がい者の親亡き後を巡る話〜

※成年後見講談の開始前に、「古典講談」も行います!

右斜め下(チラシをクリックすると大きくなります。)

tirashi2.jpg

参加希望の方は、神奈川区社会福祉協議会までご連絡ください。

電話 :045-311-2014
fax to :045-313-2420
メールinfo@kanakushakyo.com
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 18:08| 日記

2008年10月11日

毎月11日は東神奈川サティで「幸せの黄色いレシートキャンペーン」実施中!

JR東神奈川駅前にある東神奈川サティでは毎月11日に「幸せの黄色いレシートキャンペーン」を行っています
これは、サティでお買い物をした際にもらえるレシートを各ボランティアグループの投函BOXに入れると、レシートの合計額の1%がそのボランティアグループ寄付されるというものです。

普段のお買い物で寄付ができるという大変ユニーク目な取り組みです。選べるグループは神奈川区内の障害者支援をしているグループや子育て支援をしているグループなど様々ですので、東神奈川駅周辺にお住まいの方は、ぜひご協力くださいね手(チョキ)

幸せの黄色いレシートキャンペーンのページ 次項有クリック
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 14:26| 日記

2008年08月28日

六角橋地区の納涼会に行ってきました!

 「地域の顔見知りをたくさんつくろう!」をキャッチフレーズに、平成20年8月24日の日曜日、16時から六角橋地区の「納涼会」が、神橋小学校の体育館で実施されました。夏休みを、あと1週間残して暑いはずの8月だというのに、当日はとても涼しく残念なことに雨でした。

IMG_1.JPG  IMG_2.JPG

 「納涼会」は、連合自治会や地区社協が協力して、ふれあい六花の会(民生委員児童委員協議会)の主催で行われました。流しそうめんや焼きそば、かき氷にあんみつなどの食べ物や、縁日として、輪投げ、当てくじ、ヨーヨー釣り、お菓子釣り、綱引きゲームなどの出し物がありました。

IMG_3.JPG  IMG_4.JPG

 この内容は、六角橋地区の主任児童委員・さわやかスポーツ普及員・青少年指導員・体育指導委員・子ども会の皆さんが、参加してくださる方々に楽しんでもらえるように、多くの意見を出し合い、工夫を重ねてプログラムにしたものです。
 17時から、婦人部の皆さんが音頭をとって盆踊りが始まりました。体育館の中央で輪になって踊り、参加者には輪ゴムが手渡されました。18時前から輪ゴムは参加賞と引き換えられ、笑顔がいっぱいの中、多くの人と顔見知りになって、みんな帰路につきました。

IMG_05.JPG  IMG_6.JPG  
        
 「納涼会」は雨のため校庭ではなく体育館で行われました。普段は広く感じる体育館ですが、たくさんの子どもたちや、ご家族が参加してとても狭く感じられました。雨が降ったおかげで広い校庭よりもなんだかあったかい「納涼会」でした。
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 16:07| 日記

2008年08月25日

大口七島地区の夏祭りに行ってきました!

8月24日(日)大口七島地区でお神輿のパレードがありました。
(主催:大口七島地区連合町内会  共催:大口七島地区社会福祉協議会)

この日の天気は雨雨でしたが、雨にも負けずに大口公園(通称:ハト公園)に10基のお神輿が集結しましたexclamation×2
担ぎ手の方、応援の方など地域の方も大勢集結しました。
右斜め下
(会場の様子)
KAIJYOU.JPG

ひらめきお神輿は、自治会町内会ごとに色、形が違い、とっても素晴らしかったですわーい(嬉しい顔)
右斜め下
1.JPG 8.JPG 9.JPG

ひらめき担ぎ手の方々も法被足袋などを身につけ、普段とは違った雰囲気でとてもかっこよかったですexclamation×2
右斜め下
2.JPG 4.JPG 5.JPG 6.JPG 7.JPG

ひらめきお神輿は、大口公園を出発し、大口通商店街へ向かいました。
子どもが音頭をとったり、女性がメインにお神輿を担いだり、自治会ごとに内容が違っていて目を奪われましたexclamation×2
右斜め下
3.JPG 10.JPG

こういう活動が地域で盛大に行われているのは、とても素晴らしいなぁわーい(嬉しい顔)と、皆さんの姿を見ていて思いました。
おじいさんも、おばあさんも、お父さんも、お母さんも、お子さんも、みんなが大きな声を出し、みんなが笑顔でした。
素敵な夏の想い出になったと思いますかわいい>続きを読む
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 16:03| 日記

2008年08月22日

「いっしょにあそぼっ!夏」を開催しました!!

8月20、21日の2日間で「いっしょにあそぼっ!夏」を開催しました。
今年は区内の神之木地区センターで午前に室内レクリエーションを、午後に運動会を行いましたぴかぴか(新しい)
参加者は1日目が13名、2日目が14名でした。
午前中は、プログラム作り、“ピースメーカー”による人形劇、昼食のお買い物をしました。そして買い物で買ったお昼ご飯を美味しく食べました。

(午前中の様子です)

☆スケジュール作り☆
sch1.jpg  sch2.jpg
右斜め上一生懸命作っています          右斜め上こんなの出来たよ!!

☆ももたろう(人形劇)☆
momotarou1.jpg  momotarou2.jpg
右斜め上始まるよ!始まるよ!!         右斜め上一生懸命見ていますぴかぴか(新しい)

☆お買い物☆
kaimono.jpg
右斜め上買い物中です揺れるハート

☆お昼ごはん☆
hirugohann1.jpg  hirugohann2.jpg
右斜め上ぱくぱくわーい(嬉しい顔)おいしい〜るんるん          右斜め上わさびちょっと辛かったけど美味しかったよぴかぴか(新しい)

午後には、運動会を行いました。全部で9種目ありましたが、みんな元気よく走り回り、参加者・ボランティアが輝くような笑顔を見せてくれました。

(午後の様子です)

☆運動会☆
◎めざまし体操                 ◎障がい物競争
mezamasi.jpg  shogaibutu.jpg
右斜め上はい、決めポーズるんるん            右斜め上アンパンマンとゴールexclamation×2

◎ハメハメハ                   ◎借り物競争
hamehameha.jpg  karimono.jpg
右斜め上風がきて、気持ちいい〜グッド(上向き矢印)        右斜め上絵あわせ、できました!!

◎台風の目                    ◎玉入れ
taihuunome.jpg  tamaire.jpg
右斜め上人気の競技です台風             右斜め上いーち、にー、さーんぴかぴか(新しい)

◎大玉転がし                   ◎リレー
ootama.jpg  rire.jpg
右斜め上よいしょ、よいしょあせあせ(飛び散る汗)            右斜め上早いぞ〜ダッシュ(走り出すさま)

お別れの時には、「またね!!」と笑顔で帰って行く参加者がとても印象的な2日間でした。
kaeri.JPG
右斜め上またきてね〜手(パー)
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 15:15| 日記

2008年08月21日

タウンニュース神奈川区版に区社協の記事が載ってます!

神奈川区内の新聞折り込み等で配られているタウンニュース神奈川区版(8月21日発行号)に、区社協の記事を載せていただきましたexclamation
記事はウェブ版でも見ることが出来ますのでご一読ください。
http://www.townnews.co.jp/020area_page/01_thu/21_kngw/2008_3/08_21/kngw_top2.html

内容は先月作成した区内福祉施設マップについてです。区内にある高齢・障害・児童関係の118施設をインターネット上のマップで公開しています

例えばボランティア活動をしに行くときに見ると便利ですし、自分の家の近くにどんな施設があるかを見るだけでも結構面白いですわーい(嬉しい顔)。意外と色んな所に色んな施設がありますよひらめき
マップを見てみたい方は下記アドレスをクリックしてください。
http://waiwai.map.yahoo.co.jp/map?mid=KGAsk_TEmNR_i50gq1erdNJGPPb3KGlQH7zH4w--
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 15:22| 日記

2008年08月07日

年末たすけあい募金(事業配分)のご案内

 この申込みは終了しました。

区民の皆さまからいただいた「年末たすけあい募金」を地域で行われる年末年始事業に活かすための配分金、「年末たすけあい募金(事業配分)」の申請を8/8(金)から開始します。
 以下のご案内をよくお読みいただいた上で、お申し込みください。

 詳しくはコチラ
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 21:00| 日記

2008年07月28日

子安通三丁目・災害ボランティアシンポジウム

7/27(日)、区内で防災への取組が注目されている子安通三丁目町内会・自主防災会主催の「災害ボランティアシンポジウム」が開催されました。
場所は出来たばかりの日産ウェルフェア横浜。とてもキレイな建物で、会議室や和室、体育館まで入っている建物です。

koyasu_1.JPG
右斜め上 1Fには診療所が入っています。

会場は100人ほどの参加者で満員になっていました。地元の新子安の方が多かったですが、他地区の防災活動実践者なども多く見えていました。

koyasu_2.JPG
右斜め上 熱気ムンムンです(冷房は効いています)

内容は、前半が横浜市危機管理監兼安全管理局長の上原氏の講演、後半がシンポジウムでした。
講演では、警察庁での経験などから考える危機管理・安全管理についてのお話をいただきました。

koyasu_3.JPG

上原氏のお話では、
位置情報 『安全管理』は普段の生活の中での様々な危険から命を守るため活動であり、『危機管理』は安全管理では太刀打ちできないような災害などの非常時における命を守るための活動。
位置情報 安全管理がしっかり出来ていないと危機に陥る可能性が飛躍的に高まる。
位置情報 活動はだれか特定の人に頼りすぎるのではなく、複数人で当たるようにすることが必要。
位置情報 日頃の安全、非常時の安全を確保するにはまず自分で出来ることからはじめていくことが大切。他人に任せていたらいつまでも安全・安心はやってこない


というようなポイントについて、阪神大震災や福知山脱線事故の事例、自身の体験なども絡めながらわかりやすくお話くださいました。
後半のシンポジウムでは子安通三丁目で現在課題となっている5つのポイントについての意見交換を行いました。
5つのポイントとは、
サーチ(調べる) マンション住民のコミュニケーションを高め、防災意識を向上させるには
サーチ(調べる) 要援護者の把握、高齢者のスムーズな避難のためには?
サーチ(調べる) 水源の利用方法について(町内の井、運河、防火水槽)
サーチ(調べる) 安否確認、命のハンカチを周知徹底させるには?
サーチ(調べる) 災害時及び平時の行政による防災情報把握について

です。

koyasu_4.JPG  koyasu_5.JPG

時間が無い中での意見交換でしたが、面白い意見もありました。
例えば、
ひらめき 子安通三丁目では運河の水をくみ上げて非常時の生活用水(トイレの水等)に利用するようにポンプを買って準備している。
ひらめき 子安通三丁目では非常時用水を入れておくポリタンクを病院からもらい、町内会に配布しようと考えている。(病院で使われる生理用食塩水の空き箱で、廃棄されているのを譲り受ける)
ひらめき 横浜市では街頭に非常時用のスピーカー設置を考えている。
ひらめき 外国人や高齢者、子どもにもわかりやすい「やさしい日本語」というのがある。それを使うとより情報が伝わりやすくなる。
→→やさしい日本語のホームページ

今は色々な地域で工夫をしながら災害対策が行われていますが、一部の人で進められているところも多いかもしれません。今回のイベントは「自分たちが今何をしているか、これからどうしていったら良いか」を住民の人たちに知ってもらうとともに意識を高められ、しかも情報交換もできる一石三鳥な素晴らしいものだと思いました。
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 00:00| 日記

2008年06月30日

神奈川区ボランティアグループ連絡会の研修に参加しました!!

6月27日(金)に行われた、神奈川区ボランティアグループ連絡会の研修に参加してきましたぴかぴか(新しい)
この研修の最大のイベントは、静岡県掛川市にある「ねむの木学園」の見学でした。ねむの木学園では、職員さんからのお話を聞き、ビデオ上映・施設見学をしました。施設内には、入所している方の絵が所狭しと掲示してありました。
とても素敵な絵ばかりで感動しながら見てきました。
また、「ねむの木学園」は身体障がいのある方たちの施設であるため、完全なバリアフリーになっていました。施設の壁には、絵もたくさん描かれており、明るい雰囲気の素敵な所でした。

P1090108.JPG       P1090112.JPG      P1090107.JPG

右斜め上角度が調整できます  右斜め上段差が全くありません   右斜め上絵がたくさんあります 

27日(金)は、平日だったためか、“子どもたちのお店”が閉まっていて、見ることが出来なかったのは残念でしたが、次回行った時には是非寄ってみたい!と思いながら帰途につきました。

他にも、「掛川花鳥園」や世界一長い木造の歩道橋である「蓬莱橋」を見学し、とても充実した研修となりました。


P1090036.JPG      P1090150.JPG

右斜め上ぽぽちゃんと子どもです  右斜め上「蓬莱橋」長い橋でした!
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 00:00| 日記

2008年05月19日

子安通3丁目の防災フェアに行ってきました!!

5月18日(日)に子安通3丁目自治会が行った防災フェアに行ってきましたぴかぴか(新しい)
会場では、NTTの災害電話電話の体験コーナーや消防署の方による消火器訓練や煙体験・担架の作り方など説明、子どもたちによる命のスカーフについての劇などが行われ、お子さんから大人までたくさんの人で賑わっていましたわーい(嬉しい顔)

P1070871(ホームページ用).jpg
子どもたち出演による「命のスカーフ」の劇
フェアに来ている人たちに「命のスカーフ」について知ってもらえるような劇でしたexclamation×2


P1070864.JPG
会場の入口には、大きな消防車がいました。

P1070867(z[y[Wp).jpg
会場の中では、野菜も売っていましたわーい(嬉しい顔)

楽しみながら、命の大切さなどについて考えることのできる防災フェアでした。
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 09:50| 日記

2008年04月23日

大口七島地区の地域まつりに行ってきました!

4月13日(日)晴れ

現在、地区社協活動計画のモデル事業として動いている大口七島地区の「大口七島地域まつり」に行ってきました。

この日は雨が降ったりやんだりのお天気でしたが、たくさんの方が参加していましたわーい(嬉しい顔)

神之木太鼓の皆さんの太鼓演奏から始まりました。
おおぐち工房の『ハーモニカの演奏』や、横浜援護授産所の『手話コーラス』、地元の横浜創英高校によるダンスなどの催し物がありました。

右斜め下(恒例・神之木太鼓ぴかぴか(新しい)
taiko.JPG

会場では、自治会町内会の皆さんや施設の方々が模擬店を出していましたひらめき
焼きそば、豚汁、わたあめ、みずあめ、じゃがバタ、チヂミ、つきたてのお餅、野菜の販売、などなどたくさんのお店がありました家

右斜め下(おいしくいただきました手(チョキ)
tijimi.JPG  tonnjiru.JPG

その中で感動したことがありました!
会場には大きなゴミ箱があり、分別してゴミを捨てるようになっていました。

右斜め下(こんな感じです。)
gomibako.JPG

そこで大口台小学校の生徒さんが、地域の方と一緒にゴミの分別をしてくれていました。まさに、縁の下の力持ち!ゴミの分別をしっかりとしないといけないな、と改めて思うとともに、頼もしく感じました。

G30.JPG

地域の皆さんが一緒になって開催しているおまつりだなぁ、と参加して思いましたexclamation×2

posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 15:10| 日記

2008年04月08日

上野動物園に行ってきました!

3月27日(木)に「いっしょにあそぼっ!春」を実施しました。

電車に乗って上野駅を目指しました電車ダッシュ(走り出すさま)

上野駅は、たくさんの人人人でした。
そんな中上野動物園Let’s Goパンチ!!

上野動物園前で一枚。
右斜め下
doubutuenmae.JPG


動物園では、たくさんの動物を見ました。
右斜め下
(オカピぴかぴか(新しい))            (ゾウぴかぴか(新しい)
okapi.JPG   zou.JPG

動物を触ることもできました手(チョキ)
右斜め下 (羊たくさんいたねー(長音記号2)
hitujitoissho.JPG

またモノレールもあって乗ってみました。
右斜め下
monore-ru.JPG

いいお天気晴れの下お弁当をみんなで食べました。
右斜め下 (みんなでチ〜ズ手(チョキ)    (美味しかったねるんるん
gohan.JPG   gohan2.JPG

お天気もよく晴れ、桜も咲いていてかわいい、とっても楽しい一日でした。
またみんなで楽しめたらいいですね!

ちなみに・・・
この後、参加したボランティアの皆さんと特別支援学校の先生スタッフで反省会をしました。今後のためにも、今日一日を振り返りました。
右斜め下 (こんな感じです)
hanseikai.JPG


これからも楽しい「いっしょにあそぼっ!」になるように、企画をたてていきます。
みなさんひらめきまた参加してくださいねexclamation×2
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 18:28| 日記

2008年03月06日

バリアフリーレポート第1弾! 「横浜駅のバリアフリー」

 神奈川区社協では皆さまにバリアフリーの現状について知っていただくため、神奈川区民の皆さんの生活になじみのある場所をチェックしてご紹介していきます。

 第1弾は横浜駅exclamation×2横浜駅の西口にある「かながわ県民センター」から駅の自由通路を通って東口の先にある「ベイクォーター」までの道のりでチェックしてきました。
 記事を書いてくれたのは、自らも車イスに乗っており、小学校や中学校などでその経験を伝える活動をしている古川年明さん。ご自身でもホームページを作っており、色々な写真や記事を載せています。(→古川さんのホームページ

 また、今回のバリアフリーチェックでは神奈川大学ビルのボランティアサークル、Global☆Yen☆Leapの皆さんも協力してくれました手(チョキ)

 ▼古川さんと手伝ってくれた大学生の皆さん。出発前に1枚exclamation
repo01-12.jpg

それでは、横浜駅のバリアフリーチェックの結果をご覧ください。
(以下は古川さんの記事です)

************************************
 横浜駅を利用される方にお聞きしますが、利用しやすいですか?普段何気なく利用している場所でも、あなたが車いす車椅子を使用していたらどうでしょう?あるいは視覚や聴覚的に不自由だったり、高齢者だったり、ベビーカーを押していたら?様々な身体的状況に対応できているでしょうか?
 今回、横浜駅周辺のバリアフリーの現状を見てきました。西口〜東口方面の特に気になった所を紹介します。

@西口バスのりば
 乗場が狭く、移動が大変(混雑時バスのスロープは出せる?)
repo01-01.jpg

A東西自由通路
 エレベーターが現在1台しかなく待たされる。点字ブロックが床の黄色いテープで見えづらい。
repo01-02.jpg repo01-03.jpg

Bポルタからそごうの通路
 スロープの先にガラス扉がある。車いすでスロープを登りながら扉を開けるのは困難。
repo01-04.jpg

CYCAT
 バス乗場にスロープはあるが車いすで乗れるバスは無い!?(写真は「車イスの人も利用できますか?」と聞いている所です)
repo01-13.jpg

Dベイクォーター
 動く歩道から点字ブロックで誘導した先の店舗案内板に点字の表記が無い、という状況です。
repo01-05.jpg

上記の場所の他にも、こんなところがありました。

repo01-06.jpg
工事中もバリアフリーに配慮してほしい

repo01-07.jpg
いきなり点字ブロックの色が変わり、しかも床の模様がまぎらわしい

repo01-08.jpg
点字案内板のまえに看板を置く!?加えて点字ブロックの上…

repo01-09.jpg
よくわからない不案内な横浜駅構内の案内表示(北なの?南なの?東なの?西なの?)

repo01-10.jpg
ATMも車いすでは利用できないところも…
repo01-11.jpg
ポールが邪魔で車いすで通れない出入口

全体としてまとめてみると

◆人が多く、移動だけでも一苦労
◆エレベーターでの移動が多く、今回の移動でも計6回
◆設備の設置の仕方や管理が悪く使いづらい。(点字ブロック、スロープなど)
◆利用人数に対し設備が不足(エレベーター、バス乗場など)
◆表示が不充分で何がどこにあるのかわかりづらい。


 横浜駅に限らず、なれた場所でも意識してみると違って見えることでしょう。まず「気付くこと」がバリアフリーの第一歩
です。
************************************

 いかがでしたか?横浜の中心として日本全国から様々なお客さまを迎えている横浜駅ですが、実はバリアが多いという現状が見えてきたのではないでしょうか。バリアフリーとは設備だけでなく、設備の周辺状況を整えてこそ活きてくるもの。そこに気づいていただけたら幸いです。

 最後に、手伝ってくれた大学生の感想です。

「普段何気無く歩いていた横浜を古川さんと一緒に回ったことによって、バリアが想像していた以上にたくさんあって、日本社会のバリアフリーに対する姿勢が低いことを知った。トータルでバリアフリーについて考えられる人がいないことが、場当たり的なバリアフリーにつながっているのではないかと感じた。
 特に街をデザインする者がデザインだけを重視するようになって、障害をもっている方に優しい街づくりをしていないことは、深刻な問題だと痛感した。こういうことは、もっと多くの人に知ってもらわなければならないと思った。
 『それぞれの持ち場でベストを出していない人がいることがバリアになっている』、『設備があっても整備ができていない』と古川さんが言った言葉が印象に残った。バリアフリーということを考えると、みんなに優しい社会を作るのは難しいことだと思った。」

 これからまちを作っていく若い彼らが短い時間でこれだけのことを感じてくれたのはとても嬉しいことです。「色々な人の立場や目線で物事を見ることのできる人」をたくさん作り出していくことがバリアフリーな社会への近道かもしれませんね。
posted by 神奈川区社会福祉協議会 at 21:01| 日記